相続した財産価額が低い場合

相続で税法上、問題になるのは時価と売買価格が違う場合です。

低額譲渡における個人と法人の関係
“相続した財産価額が低い場合”の詳細は »

相続と不慮の事故の場合の仕組みです

事故で亡くなった際は、相続人はどんな請求を相手方にできるか考えましょう

不慮の事故で亡くなった場合の受け取れる請求はどんなものがあるのでしょうか。
民法709条では車を運転するものは歩行者などに十分気を配り、事故を起こさないように注意する義務があると定めています。
「故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、
これによって生じた損害を賠償する責任を負う。」
“相続と不慮の事故の場合の仕組みです”の詳細は »

公社債や株券の相続は難しくない

相続では、株券などの場合は遺産の分割で名義の書き換え手続きを行いますよ

公社債や株券など有価証券の権利についても相続の対象となります。
各相続人の協議で決まることとなりますがその後の手続きについて触れていきましょう。まず株券などの場合は遺産の分割で名義の書き換え手続きを行います。
“公社債や株券の相続は難しくない”の詳細は »

相続時に精算する課税制の利用法

相続のときに、生前に受けていた財産価値で精算を行う制度です。

・相続税の清算の選択をする
・税額の計算をする
“相続時に精算する課税制の利用法”の詳細は »

最新の記事 »