遺言書は、全員書いたほうが良いのか。

遺言書をのこすと
どのようなメリットがあるのか考えてみましょう。

ひとつは、遺言書があることによって、
争いを未然に防ぐことができます。

遺言書がないと、遺族が好き勝手なことを
主張して、話し合いがスムーズに進まないことがあります。

ついつい、相続には、自分の取り分を多くしたいと
主張してしまいがちです。
ゆえに、遺産分割協議がまとまらず、
相続手続きがすすまなくなるケースが考えられます。

このような場合に、遺言書があれば
遺言書が最優先されますので、
争うこともありません。

また、
遺言者の意思が確実に反映されます。
特定の人に、不動産をのこしたいと
お考えの場合は、遺言で指定しておくと良いでしょう。

さらに、
相続手続きの負担を減らすこともできます。
遺言で、「遺言執行者」を指定しておくことで、
遺言の内容を実現する人が手続をすすめますので、
相続人の負担を大幅に減らし、豊かな時間を創ることが可能です。

«
 

トラックバックURL