遺留分とはどのようなものなのでしょうか

遺留分とは、民法で保障されている相続人の取り分です。
法定相続人が最低限相続できる割合のことで、
相続人によって遺留分の割合が変わってきます。
                                              
一般的な例として、遺言書による相続の場合遺留分を考慮しない内容であっても、法的には有効となっています。
例えば、法定相続人である配偶者と子がいるが、財産の全てを、お世話になったヘルパーさんに・・・
という内容でも、有効なのです。
しかし民法では、法定相続人が最低限相続できる割合を定めていますので、
法定相続人が遺留分の返還を主張すれば、遺留分を返してもらうことができます。

その場合の流れとしては、まず話し合いが行われ、
それがうまくいかなかった場合、家庭裁判所へ申立を行います。
家庭裁判所の調停で解決できれば、いったん遺言書どうりに相続が行なわれた後、
遺留分を返してもらうことになります。

注意したいことは、最初から遺留分を直接受け取ることはできないということです。

ちなみに遺留分の割合は、具体的に以下のようになっています。
1)被相続人の兄弟姉妹には、一切遺留分はありません。
2)被相続人の直系尊属(=父母、祖父母)だけが相続人の場合・・・遺産の1/3
3)上記以外(配偶者・子)の場合・・・遺産の1/2ができます。

この申立は、相続開始のときから10年以内、あるいは相続の開始と遺留分の侵害を知ったときから1年以内であれば可能です。

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む