所在が不明の相続人はどうなるのかな

所在不明の相続人がいる場合は、以下のような
概略が描けます。
相続人が行方不明、
7年以上生死が不明の場合 → 失踪宣告となります。

そうでない場合 ・・・不在者の財産管理人を選任し、
財産管理と分割協議をします。

失踪宣告とは・・・・・失踪宣告とは、不在者、生死不明の者を死亡したものとみなし、かかわる法律関係をいったん確定させるための制度をいいます。
1 不在者の生死が七年間明らかでないときは、家庭裁判所は、利害関係人の請求により、失踪の宣告をすることができる。
2 戦地に臨んだ者、沈没した船舶の中に在った者その他死亡の原因となるべき危難に遭遇した者の生死が、それぞれ、戦争が止んだ後、船舶が沈没した後又はその他の危難が去った後一年間明らかでないときも、前項と同様とする。
31条(失踪の宣告の効力)
前条第一項の規定により失踪の宣告を受けた者は同項の期間が満了した時に、同条第二項の規定により失踪の宣告を受けた者はその危難が去った時に、死亡したものとみなす。
失踪の宣告は家庭裁判所が家事審判(甲類審判事件)に
より行う(第30条1項・家事審判法第9条甲類4号)。

★失踪宣告の要件
その1:ある者について所在・生死が不明な状態が継続したまま、民法に定められる一定の期間(失踪期間という)が経過すること
その2:利害関係人の請求があること
普通失踪 – 失踪期間は不在者の生死が明らかで
なくなってから7年間(民法30条1項)。
特別失踪 – 失踪期間は危難が去ってから1年間
(民法30条2項)。

相続手続きに横浜で目覚めた人たち
横浜で相続の相談ならここだと評判の団体です。
www.souzoku-shien.net/

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む