結構な厳しい内容の相続人の廃除

相続人(遺留分をもっている推定相続人)に虐待、
重大な侮辱、著しい非行があった場合に、被相続人(相続される人)が、
その人に相続させないために家庭裁判所に請求して、家庭裁判所が認めれば相続権が失われることを相続人の排除とよびます。
被相続人(相続される人)が、生きているうちに家庭裁判所に請求する場合、遺言でする場合が存在します。

遺言で、相続廃除をした場合は、遺言執行者が家庭裁判所に廃除の請求をします。
相続人の排除は、兄弟にはできません。
相続人の廃除は、
(推定相続人の廃除)
892条 遺留分を有する推定相続人(相続が開始した場合に相続人となるべき者をいう。以下同じ。)が、被相続人に対して虐待をし、
若しくはこれに重大な侮辱を加えたとき、又は推定相続人にその他の著しい非行があったときは、被相続人は、その推定相続人の廃除を家庭裁判所に請求することができる。

(遺言による推定相続人の廃除)
893条 被相続人が遺言で推定相続人を廃除する意思を表示したときは、遺言執行者は、その遺言が効力を生じた後、遅滞なく、その推定相続人の廃除を家庭裁判所に請求しなければならない。この場合において、その推定相続人の廃除は、被相続人の死亡の時にさかのぼってその効力を生ずる。

887条 1項 被相続人の子は、相続人となる。
2項 被相続人の子が、相続の開始以前に死亡したとき、又は第891条の規定に該当し、若しくは廃除によって、その相続権を失ったときは、その者の子がこれを代襲して相続人となる。ただし、被相続人の直系卑属でない者は、この限りでない。

3項 前項の規定は、代襲者が、相続の開始以前に死亡し、
又は第891条の規定に該当し、若しくは廃除によって、その代襲相続権を失った場合について準用する。
と定められています。

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む