認知された子と妻と子 の相続

妻の相続分は配偶者として変わらず2分の1なのですが愛人の子どもが認知されていた場合はどうなるのでしょうか?
愛人の子供も認知されているのですから相続人になります。
ただし相続の取り分は婚姻関係のある子供の半分となります。

非嫡子の相続分は妻との間の子=嫡子の半分になるのです。
民法第900条  法定相続分
同順位の相続人が数人あるときは、その相続分は、
次の各号の定めるところによる。
一  子及び配偶者が相続人であるときは、
子の相続分及び配偶者の相続分は、各二分の一とする。
二  配偶者及び直系尊属が相続人であるときは、
配偶者の相続分は、三分の二とし、直系尊属の相続分は、
三分の一とする。

三  配偶者及び兄弟姉妹が相続人であるときは、
配偶者の相続分は、四分の三とし、兄弟姉妹の相続分は、
四分の一とする。
四  子、直系尊属又は兄弟姉妹が数人あるときは、
各自の相続分は、相等しいものとする。ただし、
嫡出でない子の相続分は、嫡出である子の相続分の二分の一とし、父母の一方のみを同じくする
兄弟姉妹の相続分は、父母の双方を同じくする兄弟姉妹の相続分の二分の一とする。

実親子関係のうち、嫡出を「嫡出子」、
そうでない子を「非嫡出子」(法文上は「嫡出でない子」と表現される)といいます。実子の嫡出子のうち、
出生と同時に嫡出の身分を取得する「生来嫡出子」と、親の婚姻などの要件を満たすことによって嫡出子となる
「準正嫡出子」があります。

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む