相続と不慮の事故の場合の仕組みです

不慮の事故で亡くなった場合の受け取れる請求はどんなものがあるのでしょうか。
民法709条では車を運転するものは歩行者などに十分気を配り、事故を起こさないように注意する義務があると定めています。
「故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、
これによって生じた損害を賠償する責任を負う。」
不法行為の効果としては,加害者は,財産的損害のほか精神的損害(「慰謝料」)も賠償しなければならないとされている(710・711)。損害賠償は金銭賠償を原則とし,原状回復も認められる。

ある者の行為(作為又は不作為)によって他者の権利・利益(生命・身体・財産等)が侵害された場合、これを不法行為法(ふほうこういほう)と呼びます。
行為者に、被害者に対する損害賠償等の責任を負わせる法制度を指しています。
この義務に反して事故を起こし、人の命をうばってしまったとしたらもちろん事故を起こした当事者は損害賠償責任が生じます。
これが企業の車であれば会社が損害金を払います。
通常は連帯して本人と会社が賠償責任を負うのですがそのほかにも治療費や入院費など事故にかかわるすべての費用を負担してもらうことができます。

葬儀費用も当然のことながら請求できますし事故の間に仕事ができなかった分の給与なども請求することができます。これを休業損害と呼びます。
またなくなった年齢から一般的に平均して給与を受け取れなくなる年齢の計算の差額を
請求することもできます。

遺産分割って横浜なら相談センターがあります
一般的な収入可能な年齢が68歳だとすると63歳で亡くなった場合は差額の5年間分ということです。
これを過失利益といいます。
このほかに慰謝料も請求できますし交通事故の場合は自賠責保険や任意保険を使って早く保証を受けることができるでしょう。
www.souzoku-shien.net/legacy/division

«
»
 

トラックバックURL