公社債や株券の相続は難しくない

公社債や株券など有価証券の権利についても相続の対象となります。
各相続人の協議で決まることとなりますがその後の手続きについて触れていきましょう。まず株券などの場合は遺産の分割で名義の書き換え手続きを行います。

書き換えの手続きに必要なものは、
○株券
○株主表
○相続による名義書き換え請求書
○戸籍謄本
○その他相続人の同意書
○印鑑証明
が必要となります。
また相続人が複数で共同株式を相続した場合には、誰か一人を
共同株主代表者とします。
そして共同株主代表者届のほか各書面を提出して名義を書き換えます。

これは会社法の106条に基づくものです。
(共有者による権利の行使)
第百六条  株式が二以上の者の共有に属するときは、
共有者は、当該株式についての権利を行使する者一人を定め、
株式会社に対し、その者の氏名又は名称を通知しなければ、
当該株式についての権利を行使することができない。

ただし、株式会社が当該権利を行使することに同意した場合は、
この限りでない。
株券の分配は、株券を相続人分の割合に従って株券を売却したり、分配したりすることも可能です。
公債や国際の場合は、名義変更の手続きは必要ありません。社債の場合は株券と同じように名義変更が必要となります。

»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む