相続時に精算する課税制の利用法

・相続税の清算の選択をする
・税額の計算をする
・贈与の事実を証明する契約書作成
例:不動産の贈与は物件の表示を記載する
住宅取得資金は金額、日付や銀行振り込みと実行日の記載
など。

・不動産の登記手続き
所有権移転の登記をしておく。
住宅ローンなどの負担付の物件の場合には債務者や権利者の名義変更などの手続きも済ませる。
(贈与税の申告書類)
1:贈与税の申告書1表と2表
2:相続時精算課税選択届け出書
3:相続時精算課税にかかる財産贈与の確認書
4:受贈者の戸籍謄本もしくは抄本、戸籍の附表コピー
5:受贈者の氏名、生年月日、住所などと
受贈者が贈与者の相続人であることの確認できるもの
6:贈与者の住民票の写し

横浜に相続の専門家チームがある
遺産の相続は当事者全員が話し合って有効になるので、当事者がだれなのかの特定が最初の一歩です。
www.souzoku-shien.net

»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む