遺言書は、全員書いたほうが良いのか。

自分の希望を実現できる遺言書の作成を一度は、お考えになられても、よろしいかもしれませんね。

遺言書をのこすと
どのようなメリットがあるのか考えてみましょう。


“遺言書は、全員書いたほうが良いのか。”の詳細は »

相続手続きにはどれくらいの時間がかかるのでしょうか

相続財産は相続人全員の合意がなければ分割できませんし、相続人の一人が勝手に進めようとしても、進めることはできません。

一般的に相続は、相続開始から遺産分割協議書を作るまでだけで、2~3か月はかかります。
この後に預貯金の解約や不動産の名義変更の手続きが待っています。

“相続手続きにはどれくらいの時間がかかるのでしょうか”の詳細は »

必要に迫られたときに大変な目にあわないために

不動産の相続登記はそのままにしておくとあとあと大変なんです

クリスマスも終わると、待っているのはお正月!
の前に…

“必要に迫られたときに大変な目にあわないために”の詳細は »

遺留分とはどのようなものなのでしょうか

遺留分を返してもらう手続きとしては、まず、当事者間で話し合いをし、決裂した場合は家庭裁判所に「遺留分減殺による物件返還請求の調停申立書」を提出して、家庭裁判所による調停で解決することになります。

遺留分とは、民法で保障されている相続人の取り分です。
法定相続人が最低限相続できる割合のことで、
相続人によって遺留分の割合が変わってきます。
                                              
“遺留分とはどのようなものなのでしょうか”の詳細は »

相続税の基礎控除はいまはこうなっている

基礎控除が5千万円+法定相続人(相続放棄した者も含む)の数×1千万円 とされています

相続税は、基礎控除が5千万円+法定相続人(相続放棄した者も含む)の数×1千万円
とされています。
“相続税の基礎控除はいまはこうなっている”の詳細は »

所在が不明の相続人はどうなるのかな

相続人が行方不明だとすると、 7年以上生死が不明の場合 なら失踪宣告を可能となります。

所在不明の相続人がいる場合は、以下のような
概略が描けます。
相続人が行方不明、
7年以上生死が不明の場合 → 失踪宣告となります。
“所在が不明の相続人はどうなるのかな”の詳細は »

結構な厳しい内容の相続人の廃除

著しい非行があった場合に、被相続人が、その人に相続させないために家庭裁判所に請求して、家庭裁判所が認めれば相続権が失われることを相続人の廃除とよびます。

相続人(遺留分をもっている推定相続人)に虐待、
重大な侮辱、著しい非行があった場合に、被相続人(相続される人)が、
その人に相続させないために家庭裁判所に請求して、家庭裁判所が認めれば相続権が失われることを相続人の排除とよびます。
“結構な厳しい内容の相続人の廃除”の詳細は »

それまでの生き方を踏まえた相続の寄与分とは

被相続人の財産の維持または増加につき特別の寄与をした者は、寄与のない相続人よりも多くの財産を受け取ることができる。

民法904条の2・・・・被相続人の財産の維持または増加につき特別の寄与をした者は、寄与のない相続人よりも多くの財産を受け取ることができる。
そして、この多く受け取る部分を寄与分といいます。
“それまでの生き方を踏まえた相続の寄与分とは”の詳細は »

会社事業を引き継ぐ人だけへの相続

相続した人は経営者になり事業を引き継ぐことになりますが株式会社の場合は株式や出資金の持ち分を相続するだけになりますよ

株式会社や有限会社の場合、
新しい会社法により、有限会社を設立することはできなくなり従来の有限会社は株式会社へ移ることにするか、株式会社の1種類である特殊有限会社となることに決まりました。
“会社事業を引き継ぐ人だけへの相続”の詳細は »

認知された子と妻と子 の相続

非嫡子の相続分は妻との間の子、つまり嫡出子の半分になりますよ。ただし、問題が多いので変わるかもしれないです。

妻の相続分は配偶者として変わらず2分の1なのですが愛人の子どもが認知されていた場合はどうなるのでしょうか?
愛人の子供も認知されているのですから相続人になります。
ただし相続の取り分は婚姻関係のある子供の半分となります。
“認知された子と妻と子 の相続”の詳細は »

« 過去の記事